スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDに変更したよ

SSDが安くなってきて、自分のメイン機(デスクトップ)が遅く感じてきたので、HDDからSSDに変更してみた。

http://kakaku.com/item/K0000362036/

システムドライブ用として利用するので、120GBくらいで十分かなって思って購入。

よくWEBでみるベンチテストのプログラムをインストールしてHDDのスピードを確認してみた。


交換後に確認した結果
SSD交換後

思って頼り、速度が出てない
調べてみると、レジストリの設定を変更して、BIOSの設定を変える必要があるみたいだ。

順番に、レジストリのみを変更した結果が以下の図だ。
レジストリは
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Msahci\Start
ここの値を0にするってことでしたが、自分の環境では、CurrentControlSetが、CurrentControlSet001とCurrentControlSet002とあった。
わからないので両方の場所のstartの値を0にしてみた。
結果、以下のようになった。
レジストリ変更後

で、BIOSの設定まで変更
SSDはAHCIモードで利用しないとあまり意味がないって事なので、BIOSで設定。
BIOS変更後

私のマザーボード(P7P55D)がSATAⅢ(6GB/s)に対応されてないので、この辺が限界みたい。

SATAⅢに対応すれば、よく見るベンチテストの結果と同様の結果が得られるみたいです。

とりあえず、今のところ、これが限界なので、これで使っていこう
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

WordPress インストールメモ

WordPress インストールメモ

動作環境WordPress 3.2 日本語版
PHP バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0 以上

ということなので、PHPとMYSQLのバージョン確認
rpm -qa |grep php
rpm -qa |grep mysql


問題なければ、ファイルのダウンロード(http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz)
ファイルのダウンロード
wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

サービスが不足してたら、インストールする。
yum -y install yum-fastestmirror
yum -y install php php-mysql httpd mysql mysql-server php-mbstring make gcc httpd-devel




ドキュメントルートの確認
grep DocumentRoot /etc/httpd/conf/httpd.conf

ファイルの解凍
tar zxvf latest-ja.tar.gz

ファイルの移動
mv ./wordpress/* /var/www/html/wp/


MYSQLの準備
    DB作成
    create database DB名;
   
    user 作成
    GRANT ALL ON DB名.* TO ユーザー名@"localhost" IDENTIFIED BY 'パスワード';

    ※:rootのパスワードは設定しておきましょう
    SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('パスワード');

準備が出来たら、httpで接続し、ブラウザより設定




wordpressのバックアップ

①phpファイル等とDBをバックアップ
・インストールしたディレクトリのバックアップ
・MYSQLで作成したDBをバックアップ


バックアップデータを利用する際の注意点(別ドメインで利用する場合)
旧ドメインで保存されてる、URL情報などを書き換える必要がある。

移動先のサーバーでは、WORDPRESSをインストールまでする。
バックアップしてある、php郡を上書き。
バックアップしてあるDBをリストア。

DBの更新クエリ
update wp_posts set post_content=replace(post_content,'旧ドメイン','新ドメイン');
update wp_posts set guid=replace(guid,'旧ドメイン','新ドメイン');
update wp_options set option_value=replace(option_value,'旧ドメイン','新ドメイン');


この辺のテーブル内を更新すれば問題ないと思う。

こんな感じで、後は適度にファイルとDBをバックアップしておけば、安心。











テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

SVNサーバー構築

SVNサーバー構築メモ

目的
ローカル環境でSVNを使ったバージョン管理用のサーバーを準備


■事前準備
1、OSのインストール(パーテションはデフォルト、言語は英語)
2、可能なかぎり余分なパッケージはインストールしない
3、IPアドレスは固定を割り振る
4、インストールサービスと初期設定のyum関連のコマンド
yum -y install yum-fastestmirror
yum -y install httpd
yum -y install samba
yum -y install subversion
yum -y update
yum -y install ntp

echo "server -4 ntp.bit-drive.ne.jp" >> /etc/ntp.conf
/etc/rc.d/init.d/ntpd start
chkconfig ntpd on

reboot



■sambaの設定
※ホスト名でアクセス可能にするためにSambaをインストールします。
log保存用ディレクトリの作成
mkdir /home/log

-- smb.confの内容 ここから --
[global]
 dos charset = CP932
 unix charset = UTF-8
 display charset = UTF-8
 workgroup = WORKGROUP
 server string = svn-server
 netbios name = svn-server
 unix password sync = Yes
 password level = 0
 log level = 2
 log file = /home/log/%m %U.log
 max log size = 5000

 browseable = no
 dns proxy = No
 admin users = root
 hosts allow = 192.168., 127.0.0.1
 security = user
 writable = yes

-- smb.confの内容 ここまで --

起動スクリプト(/etc/init.d/smb)の確認
smbdの記述が無いようであれば、下記にの内容に差し替え
smbの再起動で、nmbも再起動できるように、以下の内容に差し替え。


-- /etc/init.d/smbの内容 ここから --
vi /etc/init.d/smb

#!/bin/sh
#
# chkconfig: - 91 35
# description: Starts and stops the Samba smbd and nmbd daemons \
#              used to provide SMB network services.
#
# pidfile: /var/run/samba/smbd.pid
# pidfile: /var/run/samba/nmbd.pid
# config:  /etc/samba/smb.conf


# Source function library.
if [ -f /etc/init.d/functions ] ; then
  . /etc/init.d/functions
elif [ -f /etc/rc.d/init.d/functions ] ; then
  . /etc/rc.d/init.d/functions
else
  exit 1
fi

# Avoid using root's TMPDIR
unset TMPDIR

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

if [ -f /etc/sysconfig/samba ]; then
   . /etc/sysconfig/samba
fi

# Check that networking is up.
[ ${NETWORKING} = "no" ] && exit 1

# Check that smb.conf exists.
[ -f /etc/samba/smb.conf ] || exit 6

RETVAL=0


start() {
        KIND="SMB"
        echo -n $"Starting $KIND services: "
        daemon smbd $SMBDOPTIONS
        RETVAL=$?
        echo
        KIND="NMB"
        echo -n $"Starting $KIND services: "
        daemon nmbd $NMBDOPTIONS
        RETVAL2=$?
        echo
        [ $RETVAL -eq 0 -a $RETVAL2 -eq 0 ] && touch /var/lock/subsys/smb || \
           RETVAL=1
        return $RETVAL
}

stop() {
        KIND="SMB"
        echo -n $"Shutting down $KIND services: "
        killproc smbd
        RETVAL=$?
        echo
        KIND="NMB"
        echo -n $"Shutting down $KIND services: "
        killproc nmbd
        RETVAL2=$?
        [ $RETVAL -eq 0 -a $RETVAL2 -eq 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/smb
        echo ""
        return $RETVAL
}

restart() {
        stop
        start
}

reload() {
        echo -n $"Reloading smb.conf file: "
        killproc smbd -HUP
        RETVAL=$?
        echo
        return $RETVAL
}

rhstatus() {
        status smbd
        RETVAL=$?
        status nmbd
        RETVAL2=$?
        if [ $RETVAL -ne 0 ] ; then
                return $RETVAL
        fi
        if [ $RETVAL2 -ne 0 ] ; then
                return $RETVAL2
        fi
}


# Allow status as non-root.
if [ "$1" = status ]; then
       rhstatus
       exit $?
fi

# Check that we can write to it... so non-root users stop here
[ -w /etc/samba/smb.conf ] || exit 4



case "$1" in
  start)
        start
        ;;
  stop)
        stop
        ;;
  restart)
        restart
        ;;
  reload)
        reload
        ;;
  status)
        rhstatus
        ;;
  condrestart)
        [ -f /var/lock/subsys/smb ] && restart || :
        ;;
  *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop|restart|reload|status|condrestart}"
        exit 2
esac

exit $?


-- /etc/init.d/smbの内容 ここまで --

servcie smb start
chkconfig smb on



■Subversionの初期設定
1、ApacheとSubversionの連携のためmod_dav_svnする
yum -y install mod_dav_svn

2、暗号化のためのmod_sslもインストール
yum -y install mod_ssl

3、Subversionリポジトリの作成
mkdir /home/svn
svnadmin create --fs-type fsfs /home/svn/project


4、Apache経由でディレクトリ内部を操作できるように、リポジトリディレクトリのパーミッションを変更します。
chown -R apache.apache /home/svn/project

5、Basic認証用のパスワードファイルの作成とユーザーの追加
/usr/bin/htpasswd -c /home/svn/project/.htpasswd user
※既存のパスワードファイルが存在する場合は、『-c』オプションは利用しない

6、subvesion設定ファイルの記述
vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

<Location '/project'>
    DAV svn
    SVNPath '/home/svn/project'
    AuthType Basic
    AuthName "2gou"
    AuthUserFile '/home/svn/project/.htpasswd'
    Require valid-user
</Location>


7、apacheを起動します
service httpd start
chkconfig httpd on


8、動作確認
WEBブラウザで、http://svn-server/project/
※Macの場合、hostファイルに記入するか、http://IPアドレス/project/で行けます。

後は、SVNクライアントからプロジエクト毎のディレクトリを作ってコミットしていくだけです。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Linuxで一つのNICに複数のIPを設定する

Linuxで一つのNICに複数のIPを設定する

何でこんな事をするのか?
私の場合は、apacheのバーチャルホストの設定でIPベースの振り分けが必要なケースがありまして、こんな事をしてしまいました。

この場合は、ローカル環境でいくつかのIP振り分け時に便利でしたのでメモ。

まず、一時的に1つのNICに複数のIPを振り分ける方法
ifconfig eth0:0 192.168.1.200
ifconfig eth0:1 192.168.1.201


(RedHatのみ)
ip addr add 192.168.1.200/24 brd 192.168.1.255 dev eth0 label eth0:0
ip addr add 192.168.1.201/24 brd 192.168.1.255 dev eth0 label eth0:1



動作確認ができたら、永続的に設定する方法
①ファイルの作成
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:1


    DEVICE=eth0:0
    BOOTPROTO=none
    ONBOOT=yes
    TYPE=Ethernet
    IPADDR=192.168.1.200
    NETMASK=255.255.255.0


記述内容は、DEVICEの部分のみ間違えないように注意すれば問題なし。

ネットワークの再起動
/etc/init.d/network restart

終わり。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

Linuxサーバーへのパスワード無しで接続

Linuxサーバーへのパスワード無しで接続

私の環境ですと、毎回パスワードを求められて、面倒なので鍵を作ってみる。
鍵を作ると、お互いに鍵がマッチすれば、パスワードなしで利用できる。

さくらインターネットの共用サーバーでも出来たのでメモ。


ssh-keygenコマンドを利用する。

接続元で以下の2つのコマンドを実行
==================================================
接続元で鍵の生成
ssh-keygen  -t rsa

接続元で操作(接続先に、先ほど作成した鍵を送る)
ssh-copy-id -i /home/ユーザーディレクトリ/.ssh/id_rsa.pub ユーザー名@ホスト名
==================================================

オプションi:鍵ファイルの指定

ユーザーディレクトリ:借りてるサーバースペースのディレクトリ

これだけでいいんです。

こんな簡単なんですね。

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

jamasan

Author:jamasan
頑張るサラリーマン

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村
ポチっとお願いします。


出来ればこっちもお願い

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。